■お知らせ・お願い■

里親募集・出会い待ちねこはこちらを!
NPO法人どうぶつの福祉を考える会


■新しい飼い主を捜しているねこのためのカンパをお願いしております■

カンパいただける場合は
-----------
ゆうちょ銀行(ぱるる) 記号 10180 番号 50786091
名義人:イワタマミコ
-----------
三井住友銀行(0009) 新小岩支店(232)普通口座 7171673
名義人:イワタマミコ
-----------
までお願いします。

無理のない範囲で結構です。ご協力をいただけると助かります。
----------------------------------------------
領収書が必要な方は、お手数ですがtoiawase『☆』doukai.org(『☆』は@に変えてください)
までご住所・お名前をお知らせください。よろしくお願いいたします。
----------------------------------------------

ねこさんとわんの動画はこちら!

■取材協力/掲載本です■

各地でいろいろ始まってますね

出会い待ちねこ一覧はこちらに掲載中!


うーん、東京都はどうなのかなぁ。。。


------------------------------------------
ペットめぐる問題改善 「県動物愛護ネット」設立へ

2014年2月17日


動物愛護の啓発について意見を交わす参加者たち=岐阜市曙町の市勤労会館で
写真
 「県動物愛護ネットワーク会議」の設立準備会が十六日、岐阜市曙町の市勤労会館であった。飼い主に捨てられた猫や犬の殺処分などペットをめぐる問題の改善を目指す団体。五月に設立される予定だ。
 動物愛護に取り組む市民団体やペットショップ、獣医師ら三十人が出席した。捨て犬や捨て猫を減らすため「犬猫の不妊や去勢手術をやりやすい態勢づくりを進めるべきだ」など意見交換をした。「ペットショップと愛護団体が協力し、最期まで飼うことの大切さを呼びかける必要がある」という意見も出た。
 二〇一二年度に県内の保健所に収容された犬と猫は三千五百三十二頭。このうち59%の二千九十一頭が引き取り手が見つからず、殺処分となった。県は二三年度までに殺処分の割合を35%に引き下げる目標を立てている。
 (小野沢健太)



風邪の後遺症の片眼が時々悪くなるのね

もう乾いてるから、ひどくならなくてよかったけど

猫の風邪って、ホントにやっかいだわ~


20140129-3235.jpg


■出会い待ちねこへのお問い合わせ、お待ちしてます!
●ご家族でお住まいの方(単身者はご遠慮ください)
●ペット可住宅にお住まいの方
●お留守時間が短い方
----------------------------------------------
■お渡しまでにかかる必要経費のご負担をお願いいたします。
■お見合い後お届けいたします。

toiawase『☆』doukai.org(『☆』は@に変えてください)までメールにてお問い合せください。
※お問い合わせをいただいた方には色々ご質問させていただきますので予めご了承お願いいたします。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 猫ブログへ
2つのランキングに参加中!是非!一日一ポチを!

テーマ:里親募集 - ジャンル:ペット

【2014/02/19 10:44】 | 動物愛護管理法 | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑

こういうことやってる地域がある!

出会い待ちねこ一覧はこちらに掲載中!


水曜日はまた雪?なんて予報が出てますけど。。。


いやー2週続けて、こんなに降られるとはね

土曜日、どうしても外せないお出かけ予定があって

雪の積もる中、車は怖すぎて出せないから

てくてく、歩くんですが

まーーーー危ない(笑

この年で転んだら、ヘタしたら再起不能になっちゃいますからね(笑

一歩ずつ、足下を確かめながら歩くだけで

全身筋肉痛(とほほ

情けないですなぁ。




さて

これ、本日見つけたニュース


すごいなーーー鳥取県


こういうの、なぜ全国でできないのかなぁ





県、「アミティエ」を支援 予算案に2260万円

 民間の獣医師たちが運営する全国でも珍しい動物愛護施設「人と動物の未来センター アミティエ」(鳥取県倉吉市下福田)に対して、鳥取県は新年度から支援する方針を固め、新年度予算案に事業費2260万円(上限)を盛り込んだ。犬猫の致死処分を減らすなど動物愛護の取り組みを推進するのが狙い。アミティエは犬猫の飼養や新たな飼い主への譲渡を促進し、市民への啓発活動を強化する。


 県によると、全国の47都道府県のうち35都道府県に総合的な動物愛護管理行政を行う動物愛護センターがあり、県も設置を検討していた。しかし多額な事業費がかかることなどから設置検討は進まず、民間組織の支援を強化することにした。

 一方、アミティエは昨年9月に動物臨床医学研究所(倉吉市八屋、山根義久理事長)が全国でも珍しい獣医師たちによって運営する動物愛護施設として設立。犬30~40頭、猫20頭程度の飼育が可能だが、スタッフの充実や飼養にかかる経費の捻出などが課題となっている。

 具体的な支援内容は、保健所がやむをえず引き取った犬や猫の飼養や新たな飼い主への譲渡▽しつけ教室や動物ふれあい教室などの啓発普及イベント▽施設運営-などの経費の2分の1を補助する。

 県内の犬猫致死処分数は減少傾向にあるが、2012年度で1360頭にも上るのが現状。同研究所の高島一昭所長は「動物愛護の事業に県と共同で取り組むことが市民への啓発活動に大きな力になる。県と一緒に研修するなどして知識を高めることも考えており、協力して一頭でも多くの動物を助けたい」と話した。



福子♪

20140129-3299.jpg


■出会い待ちねこへのお問い合わせ、お待ちしてます!
●ご家族でお住まいの方(単身者はご遠慮ください)
●ペット可住宅にお住まいの方
●お留守時間が短い方
----------------------------------------------
■お渡しまでにかかる必要経費のご負担をお願いいたします。
■お見合い後お届けいたします。

toiawase『☆』doukai.org(『☆』は@に変えてください)までメールにてお問い合せください。
※お問い合わせをいただいた方には色々ご質問させていただきますので予めご了承お願いいたします。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 猫ブログへ
2つのランキングに参加中!是非!一日一ポチを!

テーマ:猫のいる生活 - ジャンル:ペット

【2014/02/17 02:04】 | 動物愛護管理法 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

8週齢までママと一緒にいる必要性

ジュルのしっぽ】さんを是非お尋ねください!

昨年、わたしは何度も小委員会の傍聴や
議員さんの勉強会にも参加させていただきました。

すべては、迫ってきた動物愛護管理法の改正のため。

17万以上のパブコメが集まっても
ペットショップやブリーダーの所から
こねこやこいぬがお母さんから離される時期を
8週齢以上にすることが難しいのが現状です。


いまできること
ひとりひとりの力を貸してください!

是非、ジュルさんの行動に賛同してください!

これからの日本で生まれてくるどうぶつのために
彼らが少しでも、そのどうぶつらしい生命を全うできるために

8週齢まで母親と暮らせば
そのどうぶつが幸せになれるかどうか
ほんとうのところは誰にもわかりません

でも、せめて
それくらいの配慮があってもいいでしょう。

以前わたしはメインクーンのブリーディングを行ってました。
ブリーディングをはじめたころから
新しい飼い主さんにこねこを渡すのは
最低でも8週齢から、12週齢以降
最初のワクチンを接種してからでした。

これは、最初に教えを請うたアメリカのブリーダーさんの教えからでした。

わたしにとってはこれが当たり前の感覚で
まだ離乳食も終わっていないような赤ちゃん動物が
ガラスケースで陳列されるペットショップは
理解できませんでした。

業者は
「小さい間でないと、可愛らしい!といって購入してもらえない」
といいます。

でも、我が家で生後8~12週齢までおいたこねこは
みんな新しい飼い主さんの元に行きました。

幼い、あかちゃんでなくても
ちゃんと行き先が決まるんです!

いま、わたしは保護したねこたちの新しいおうち探しをしていますが
ここでも、幼いこねこは渡しません。
最低でも1回目のワクチン(推定8週齢以上)を済ませてから

どのご家族も、それまで待ってくださいます!

絶対に、幼くなければいけない
ということはないはずです!


「生後8週齢以上でないと
親と離してはいけない」
という法律を制定すること。

ここからスタートです!

1通でも構わないので
ジュルさんのアイデアをお借りして
議員さんにメールしましょう!!!!!


生後8週齢のメインクーンのこねこたち
なつかし~~写真です☆

DSC_7849.jpg

■出会い待ちねこへのお問い合わせ、お待ちしてます!
●ご家族でお住まいの方(単身者はご遠慮ください)
●ペット可住宅にお住まいの方
●お留守時間が短い方
----------------------------------------------
■お渡しまでにかかる必要経費のご負担をお願いいたします。
■お見合い後お届けいたします。

satooya■chiikineko.org(■は@に変更してください)までメールにてお問い合せください。
※お問い合わせをいただいた方には色々ご質問させていただきますので予めご了承お願いいたします。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 猫ブログへ
2つのランキングに参加中!是非!一日一ポチを!

テーマ:猫のいる生活 - ジャンル:ペット

【2012/01/26 00:06】 | 動物愛護管理法 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

第25回 動物愛護管理のあり方検討小委員会

今日は、午後3時から第25回 動物愛護管理のあり方検討小委員会で
午後6時半から第28回 動物愛護部会が
環境省で開催されたので、傍聴に~。

動物愛護管理のあり方検討小委員会は、これで全日程終了。
12/7日まで募集されていたパブコメの集計も発表されました。
総数は個人が55,783、団体が139
スゴイ数です!

今回のパブコメの意見はどのくらい反映されているか?
今日頂いた『動物愛護管理のあり方検討報告書』では
あんまり~って感じです。

で、ちょっと「?」だったのは
当初はこの小委員会で出された報告書が
そのまま法律に反映される予定だったらしいですが
今日の話では、議員立法とのことで
結局、ここで25回も話し合われたことは
ひとつの意見・指針にしか過ぎなくなりそうです。

議員さんには、ここで話し合われた内容や温度が
そのまま伝わるか…ちょっと不安ですね。

一番注目すべきは
親から離す時期を、今回の改正では具体的に数字化する方針とのこと
ただし!です!

3つの案があって
1.45日
2.7週齢
3.8週齢
のどれか。

で、以下、本日の全国ペット協会会長さんの発言ですが。
--------------------------------
このような小委員会で議論されているお陰で
犬の流通における死亡率は1.6%で、20年前の1/10に減っている。
業界は生後40日から45日を自主規制の目標にしている。
以前は2回3回のワクチンが終わらないと外に出して他の犬と一緒にしてはいけないといわれてきたが
最近は1回目のワクチンが終われば他の犬と一緒にして
それで犬の社交性を身につけることができる。
(※この発言は、だから幼い間に親から離しても大丈夫、という意味らしい)

犬のトイレのしつけは、生後50日前後で購入すると覚えやすい。
45日で仕入れて、2日ほど目視して
10日前後で売れると、トイレのしつけに良い時期で販売できる。
--------------------------------
この発言。
すごいですね~~
これこそが業界です。

まず1回のワクチンだけで外に出したり、他の犬と接触させてはいけません。
犬でもねこでもおなじですけど
ワクチンは接種したからOKというものではない
ワクチンを接種しても抗体ができない個体もあるんです。
親からの移行抗体が残っていたらワクチンは何の意味も持たないし。

だから念を入れて、2回3回、ワクチンを打つんです!
それが1回でOKだなんて、オソロシイ発言!

それと、犬のトイレしつけが生後50日がベストなんてのも
とんでもない発言。

なにもかも、業界が販売しやすい
45日という日数にして欲しいがための発言。

今後議員立法にゆだねられるのであれば
今度は議員さんへの働きかけが必要ですね。
頑張りましょう!

『わたしたちがしあわせに生きられる世の中にしてね!』

1-20111221-3393.jpg

そんなこんなで、帰宅しましたが。

東京駅で総武線に乗り込んで、い~い気分で嵐聴いてると
錦糸町の次のはずが

なんで?!船橋!

あぅつ。
通勤快速にのっちゃいました(とほほ。

でも「家政婦のミタ」最終回には間に合いまして。
う~~ん
最終回、イマイチ。
なんだか、次に向けて置きにきたって感じ?
ヒットするとこうなっちゃうのかな。
なんだかがっかり。


■出会い待ちねこへのお問い合わせ、お待ちしてます!
●ご家族でお住まいの方(単身者はご遠慮ください)
●ペット可住宅にお住まいの方
●お留守時間が短い方
----------------------------------------------
■お渡しまでにかかる必要経費のご負担をお願いいたします。
■お見合い後お届けいたします。

satooya■chiikineko.org(■は@に変更してください)までメールにてお問い合せください。
※お問い合わせをいただいた方には色々ご質問させていただきますので予めご了承お願いいたします。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 猫ブログへ
2つのランキングに参加中!是非!一日一ポチを!

テーマ: - ジャンル:ペット

【2011/12/22 00:44】 | 動物愛護管理法 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑

中央環境審議会動物愛護部会(第24回)動物愛護管理のあり方検討小委員

K.Mさん、カンパ助かります!
明日は運命のウイルス検査!
果たして結果は…?

--------------------------------

なんでやねん。夏日。

たま~~にしか出かけないのに
前回も今日もなんでこんなに暑い!?

雨じゃないだけありがたいけどね。


で、行ってきました。
中央環境審議会動物愛護部会(第24回)動物愛護管理のあり方検討小委員
長いね、タイトル(笑

先週の内容と、そんなに変化はないです。
次回のパブコメは11月とのことですが
本日現在ではまだいつ開始か決まっていないそうです。

『動物の愛護及び管理に関する法律施行令の一部を改正する法令案等の概要』
というのも配布され、内容の再検討が行われましたが
これについては、近日中にお知らせします。
ちょっち、入力に時間が………
すいません。

明日は仕事終わってから
13頭ウイルス検査!

前回も感じたけど、今日はよけいに思いが強くて
次回傍聴に行くのはどうしようか?
ってキモチです

※次回は12/21の予定だそうです※

というのは、当たり前ですが傍聴なので発言権はないわけで
委員さんたちが、一方的に討論するのを聴いているわけで
中には思いこみや偏見
現実に即してない意見もあるわけです。
たいていはとってもまともで
間違いはないですし
色んな側面から物事を捉えられて勉強になることばかりですけど

たま~に。
現場を知らない人の発言を聴いていると
精神衛生上悪いですね~

そこ、ちゃうちゃう
なんで、そんな風にいうねん!
と、心の中でお里言葉が出ます(笑


法律って、なんだか言葉遊びのように感じます。
現実的じゃないですね。

本来だったら、常識の範囲で

例えば、虐待とか
本来、そんなことやるなんて想像もできないこと
わざと傷つけるなんてあり得ないことだけど

それを平気でできるひとがいる

だからそれを取り締まるために
法律が必要

でも本当は法律なんかなくても
常識で考えたら、あり得ないはずなのに。

オカシイ人間がいるんだね。
カナシイひとだ。

21-20111028-0867.jpg

ところで、本日の環境省の報道資料に以下のものがありました。

こちらからの転載です

ひとがいなくなった街に残されたねこたちは
どんどん餓死していきます。

人のそばで暮らすことを選択した家ねこ族は
ひとがいないと生きていけないのです。

南極に置き去りにされた犬たち
タロとジロは、犬だったから
かろうじて生き延びられたんだろうね。

犬の方が家畜化されて歴史が長いのに
ねことは違うんだな。。。

--------------------------------
平成23年10月31日

警戒区域内からの被災ペット(犬及び猫)の一斉保護について(お知らせ)
 今年5月10日から始まった警戒区域内の住民の一時立入に合わせ、環境省と福島県では、区域内に取り残された犬及び猫の保護活動を行ってまいりました。
 この結果、一定の成果は得られたものの、今もなお保護の要請が寄せられていることから、継続して一斉保護を実施していますので、お知らせします。

1 一時立入(一巡目)に伴い保護した犬及び猫の数
(1)活動期間:平成23年5月10日から平成23年8月26日 (2)保護頭数:犬-300頭、猫-191頭 (3)動員数:環境省職員-35名、福島県職員-387名(延べ)、他自治体職員-73名 2 保護収容施設
 区域内から保護した犬及び猫については、福島県が以下の収容施設において管理しています。

(1)福島第1シェルター:福島市飯野町大字明治字休石10 (2)福島第2シェルター:田村郡三春町大字上舞木字向田17-40 ※第2シェルターについては、8月から整備を進めてまいりましたが、この程完成し、10月1日から収容を開始しています。 ※保護した犬及び猫のうち、所有権が放棄された、または1ヶ月以上飼い主が不明な犬及び猫については、新たな飼い主を募集しています。詳細は、福島県動物救護本部のホームページ(http://www.pref.fukushima.jp/eisei/saigai/kyuugoindex.htm)をご確認ください。 3 一斉保護の実施について
(1)先行調査
 住民等から寄せられた被災ペット(犬及び猫)の情報等を基に、以下のとおり警戒区域内の被災ペット(犬及び猫)の生息実態調査を実施しました。

ア 実施期間:平成23年8月31日から平成23年10月23日 イ 対象区域:南相馬市、田村市、浪江町、双葉町、大熊町、富岡町、楢葉町、川内町、葛尾村 ウ 保護頭数:犬-14頭、猫-15頭 (2)一斉保護
 他自治体等の協力を得ながら、以下のとおり警戒区域内に取り残された犬及び猫の一斉保護を実施しています。

ア 実施期間:平成23年10月24日から平成23年11月20日 イ 対象区間:南相馬市、田村市、浪江町、双葉町、大熊町、富岡町、楢葉町、川内町、葛尾村 ウ 実施方法:必要に応じ餌を仕掛けた保護器等を使用して保護を行います。
--------------------------------

■出会い待ちねこへのお問い合わせ、お待ちしてます!
●ご家族でお住まいの方(単身者はご遠慮ください)
●ペット可住宅にお住まいの方
●お留守時間が短い方
----------------------------------------------
■お渡しまでにかかる必要経費のご負担をお願いいたします。
■お見合い後お届けいたします。

satooya■chiikineko.org(■は@に変更してください)までメールにてお問い合せください。
※お問い合わせをいただいた方には色々ご質問させていただきますので予めご了承お願いいたします。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 猫ブログへ
2つのランキングに参加中!是非!一日一ポチを!

テーマ:動物愛護 - ジャンル:ペット

【2011/11/01 00:54】 | 動物愛護管理法 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ