■お知らせ・お願い■

里親募集・出会い待ちねこはこちらを!
NPO法人どうぶつの福祉を考える会


■新しい飼い主を捜しているねこのためのカンパをお願いしております■

カンパいただける場合は
-----------
ゆうちょ銀行(ぱるる) 記号 10180 番号 50786091
名義人:イワタマミコ
-----------
三井住友銀行(0009) 新小岩支店(232)普通口座 7171673
名義人:イワタマミコ
-----------
までお願いします。

無理のない範囲で結構です。ご協力をいただけると助かります。
----------------------------------------------
領収書が必要な方は、お手数ですがtoiawase『☆』doukai.org(『☆』は@に変えてください)
までご住所・お名前をお知らせください。よろしくお願いいたします。
----------------------------------------------

ねこさんとわんの動画はこちら!

■取材協力/掲載本です■

イベント無事終了(^o^)

イベント無事終了(^o^)
我が家のイベントといえば…
そう!あれです。
今朝5時頃から始まって、終了が午後1時半
長丁場でした…
なんせ、6人も入ってましたから(^^;)

全員無事、みんなでっかいです。
詳細は、後ほど「寝子photo-log」でご紹介しますね。

私がブリーダーをしていることは、皆様ご存じ?ですよね???
今年で19年目17年目になります。
※訂正:17年目でした^^;計算できない…ワタクシ
最初の5~6年はメインクーンだけでなくフォレストキャットの繁殖もしていましたが、
フォレストは多頭飼育が難しいと感じて
それからはメインクーン一本でここまでやってきました。

来年で20年18年目。
うん。ブリーディングは20年目18年目で終了です。
今回のおかあさん、マイアさんの子ねこの成長とマイアさんの子育て後の回復状態を見て
もう一度産ませるかも(?)知れない~予定で終了になります。

ブリーダーが地域ねこ活動?!
って、ちょっち云われたこともあります。

でも、私の中では、繁殖することと、地域ねこ活動は同じライン上にあるのです。

初めて写真集でメインクーンをみたときから
メインクーンは私のあこがれのねこさんでした。
メインクーンと生活をしよう、と決めたときに
正しい知識と、きちんとした繁殖計画を持ったプロのブリーダーになりたいと思いました。
自分が考えているようなブリーディングは、ビジネスとしては成り立たないです。
でも、メインクーンと暮らし始めると、ますますこのねこが好きになって
もっとたくさんの人にメインクーンの良さを伝えたい、と思うようになりました。

純血種である以上、キャットファンシャーの世界(キャットショー)で認められないと
そのねこ種の発展は望めません。
だから、日本のメインクーンがもっと発展できるようにと、TICAのジャッジになりました。

今日本のメインクーンは世界でもtopレベルにあると思います。
もちろん私の力ではなく、数々のブリーダーさん達の努力のたまものです。

19年前に、メインクーンというと「ジャガイモ?」と云われたねこが
※未だに云われますけど(笑
少しはポピュラーになってきたんじゃないかなぁ、と思います。

正直、子ねこの成長が楽しみでたまらなくて、ブリーディングを続けてきました。
まだ、ちょっぴり未練はあります。

でも、ここまでやって来た経験を、別の形で、他のねこさんの役に立てたいなぁ…
という、年齢になった気がします。

ブリーダーって、普通の人が猫と生活するよりも、もっと密接でなければいけないと思っています。
今までに、我が家のねこたちが
私に教えてくれて、私を成長させてきてくれたもの…
ブリーダーとしての17年間があったから
これからも他のねこさん達の、何かしらのお手伝いに役立てていけたらなぁ
と思うのです。


今まで動画って、録ったことがなくて…
っ~か、録るものがない、と思ってた^^;
でも、よく考えたらコンパクトデジカメって、動画録れるのね。
ということで、これからは動画でもオタノシミいただけますよ~♪
~You Tubeのnekoznetへ~

「ねねこの猫修行」もよろしくね☆
「今日のねこさん」もよろしくね☆
「NPO法人 葛飾区・江戸川区・地域ねこの会のブログ」もよろしくね☆
人気ブログランキングへにほんブログ村 猫ブログへ
2つのランキングに参加中!
是非!一日一ポチを!

『ねこzとわんzのお店』
ねこさん・わんちゃん&同居人の為の通販サイトもよろしく♪
ねこzとわんzのおもちゃも追加だよ~!
ねこzとわんzのお店

【2008/03/09 17:28】 | メインクーン達 | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
| ホーム |