FC2ブログ

■お知らせ・お願い■

里親募集・出会い待ちねこはこちらを!
NPO法人どうぶつの福祉を考える会


■新しい飼い主を捜しているねこのためのカンパをお願いしております■

カンパいただける場合は
-----------
ゆうちょ銀行(ぱるる) 記号 10180 番号 50786091
名義人:イワタマミコ
-----------
三井住友銀行(0009) 新小岩支店(232)普通口座 7171673
名義人:イワタマミコ
-----------
までお願いします。

無理のない範囲で結構です。ご協力をいただけると助かります。
----------------------------------------------
領収書が必要な方は、お手数ですがtoiawase『☆』doukai.org(『☆』は@に変えてください)
までご住所・お名前をお知らせください。よろしくお願いいたします。
----------------------------------------------

ねこさんとわんの動画はこちら!

■取材協力/掲載本です■

中央環境審議会動物愛護部会(第23回)動物愛護管理のあり方検討小委員会

M.Rさん、H.Fさん、カンパありがとうございます!
--------------------------------

51-20111017-0803.jpg

パブコメの回答をすべて掲載することができないので
詳細は環境省のサイトにupされたらご確認ください。

ここでは、簡単に総数と特にわたしが注目したものだけ転載します。

(1)深夜の生体展示規制
○深夜の生体展示規制及び展示時間制限に賛成:54,939
*18時/19時/20時以降の生体展示は禁止すべき
*店頭販売(生体展示)すべての禁止

×深夜の生体展示規制に反対:119

・その他:102
--------------------------------

(2)移動販売
○移動販売の規制強化に賛成(移動販売禁止すべきとの意見を含む):43,992

×現行基準のままとすべき(基準強化に反対):105

・その他:151
--------------------------------

(3)対面販売・対面説明・現物確認の義務化
○義務化に賛成(インターネットによる動物の販売を禁止すべきを含む):59,786

×義務化に反対:136

・その他:30
--------------------------------

(4)犬猫オークション市場(せり市)
○犬猫オークション市場の動物取扱業への追加に賛成(「犬猫オークションの禁止」を含む):58,101
*トレーサビリティの確認ができる体制整備や義務づけをすべき
*ワクチン未接種の出品は禁止すべき
*オークションによる売買は禁止:オークションにかけることが法第2条の基本原則である「動物がいのちあるものであることをかんがみ」ていない

×動物取扱業への追加に反対:15,124
*オークションは業者間の取引の場であり法規制の必要はない
*牛などの競りと同じくプロの業者に任せるべき

・その他:359

~!注!~
犬猫オークションを現行のままで~と言う意見の多さにびっくり!
業者さんの組織票を感じますね~

--------------------------------

(5)犬猫幼齢動物を親等から引き離す日齢
○8週齢未満の犬猫の販売(親等からの引き離し)は禁止すべき:43,295

○幼齢の犬猫の販売等について何らかの規制措置を講じるべき:19,099
*親から離す時期を生後56日/60日/70日以降とすべき

×45日齢未満の犬猫を規制対象とすべき:31,408
*8週齢になるとワクチン接種、フード等経費が増える
*犬の社会化期は90日前後で終了することから、購入者の手元には60日頃迎えるのが最適。ペットショップにいる期間を1~2週間とすれば、45日頃が適切である。
*長く親元におきすぎると、歯が生えてきて、親犬が子犬を攻撃するようになる

×業界の自主規制に任せるべき:2,464
*8週齢規制は科学的根拠に乏しい、動物の生態を無視したもの
*自主規制の期間を40日から49日にするのは構わないが、法規制すべきではない
*まだ幼いうちからしつけが重要という考えが根強く、無理な法規制ではなく自主規制を進めるべき

×現行基準のままとすべき:12,500
*親のそばにいることにより、人に対してなつかない原因になる
*これまでお客様から「幼齢過ぎて問題ではないか」と苦情をいわれたことはない
*中型犬以上では生後50日を過ぎると動きが活発になり、親犬ももてあましていやがる様子が見られる
*規制導入により売れ残る子が増え、処分される可能性が高まる

・その他:2,778

~!注!~
これが前回の法改正で見送られた痛恨の箇所です。
今回も業者さんは組織票で、これだけ出せば規制は間違いないだろう、とかなりの数を集めてきました。ものすごく僅差なので、果たして8週齢以上でなければ~と言う改正案が通るか微妙です。まして業者団体には、天下り疑惑とかあるので、このパブコメの数が実際の改正にどれだけ反映されるか、みなさん!注目して見守ってください!

ここで反対の理由は、資料をほとんどそのまま掲載しましたが、身勝手で自己中な解釈に驚きます。犬猫のプロであるはずの人たちは、いったい犬や猫の何を見ているんでしょう?!開いた口が塞がらないとはこのことです。こんな身勝手な意見を通そうとするから、よけいに反発を買うんじゃないでしょうか?
ここに意見を寄せた業者さんの中の何人が「いきもの」を扱っている自覚があるんでしょう?

--------------------------------

(6)犬猫の繁殖制限措置○犬猫の繁殖制限措置に賛成:57,474
*繁殖は一生のうちに1回/5回/6回とすべき
*遺伝病が出る確率の高い交配は法で禁止すべき
*繁殖後の親犬の販売、譲渡を含め終生飼育の責任を果たすべき

×犬猫の繁殖制限措置に反対:34,753
*業界の自主性で問題ない
*品種や個体差で一律規制が難しい

・その他:1,940
*ブリーダーを登録制(許可制)にすべき
*雑種を生み出す交配を規制すべき

~!注!~
ここでも、業者さんからと思われる反対票の数が多いです。
わたし自身が繁殖の経験がありますので、品種や個体による違いが大きいことを経験しています。ひとくくりの法律で規制をかけるのは難しいと思います。でも現実にはパピーミルと呼ばれるような、生ませる機械だけのような扱いを受けている犬猫が存在しますから、なんらかの法規制が必要です。
ただもし回数を制限しても、誰がどうやってそれを見張るんでしょう?血統書だって、簡単に偽造できてしまいます。わたしも、何年も前に死んだ猫が親だった、なんてケースに遭遇したことがありますから。

わたしの個人的な意見ですが、繁殖は登録制にして、その登録のために繁殖学や倫理論、動物の行動学などの知識と、飼育場所の環境・管理規定、頭数制限、動物取り扱い業界での数年に亘る経験など、誰でも簡単に繁殖できないようにするのが良いかな、と思います。例えばお医者さんでなければ治療できないのと同じように、繁殖にも国家資格的なものが必要、と言うくらい厳しく定めてもよいのでは?そしたら、むやみに生ませられ必要ないと処分されることも減り、本当に動物と暮らしたいひとが数年待ってでも入手できるくらいになれば、簡単に捨てたりしなくなるでしょう~~これが理想です!

--------------------------------

(7)飼養施設の適正化
○飼養施設等の数値規制に賛成:39,983

×数値規制に反対:34,100
*種や品種、習性などにより一律の数値基準設定は困難

・その他:2,016

~!注!~
ここでの反対票の多さは、特に業者だからと言うのではないように感じます。数値規制とくくってしまったところで、意見が分かれたのではないでしょうか?とはいえ、ドイツなどでは犬などの大きさや習性に合わせ、ものすごく細かく規定されていてそれで問題が起きていないわけですから、やろうと思えばできるでしょうね。
--------------------------------

(8)動物取扱業の業種追加の検討(業種追加についての全般)
1.動物の死体火葬・埋葬業者
○賛成:37,983
×反対:81
・その他:569

2.両生類・魚類販売業者
○賛成:36,519
×反対:27,134
・その他:1,224

3.老犬・老猫ホーム
○賛成:36,082
×反対:22
・その他:978

4.動物の愛護を目的とする団体
○賛成:31,393
×反対:446
その他:1,647

5.教育・公益惰目的の団体
○賛成:21,273
×反対:65
・その他:1,690
--------------------------------

(9)慣例法令違反時の扱い(登録拒否などの再検討)
○関連法令違反時に登録拒否・取消を行えるように法規制すべき:41,872
×登録拒否・取消に反対:7
・その他:12

(10)登録取消の運用の強化
○登録取消の運用を強化すべき:45,493
×現行のままとすべき:8,200
・その他:527

(11)業種の適用除外(動物園・水族館)
○適用除外に賛成:9,748
×適用除外に反対:25,689
・その他:51

(12)動物取り扱い責任者研修の緩和(回数や動物園水族館・動物病院の扱い検討)
○研修の緩和に賛成:2,458
×緩和に反対:28,403
・その他:6,686

(13)販売時説明義務の緩和(犬猫以外の小動物での説明義務事項の緩和の検討)
○緩和に賛成:6,642
×反対:27,949
・その他:3,150

(14)許可制の検討(登録制から許可制に強化する必要性の検討)
○許可制を導入すべき:37,062
×現行のまま:16
・その他:13

その他
その他で(わたしの)注意を引いたもの
*その他の意見は次回のパブコメで募集される内容と被っているものが多いです。
・殺処分をなくすべき
・二酸化炭素のみにより殺処分を禁止すべき
・違反業者、行政処分を受けた業者の公表制度を設けるべき
・法第35条の都道府県の引き取り義務を「引き取ることができる」とするべき
・ペット税を導入すべき
・動物を店舗で展示し販売するしくみをなくすべき。購入したい人は繁殖業者のところまで出向いて直接譲り受ける販売方法にすべき。
・アニマルポリスを導入し、厳しく違反を取り締まれるようにすべき
・マイクロチップ挿入を義務づけるべき
・遺棄犬・保護犬のシェルターを設置すべき

--------------------------------

その後、次回のパブコメの検討案(「動物取扱業の適正化」を除く)が議論されましたが、その他を残して時間切れとなりました。
今までにこの小委員会で議論されてきた内容を大きくざっくりまとめたもので、次回行われるパブコメの原案になります。

31日に第24回の小委員会が開かれて、その場で時間パブコメの検討案がまと米良れる予定です。
また傍聴券が当たったので、行ってきます!

次回のパブコメで是非みなさまにも参加して頂きたいです!
特に
●自治体等の収容施設
ここで殺処分の方法など検討されるようです。

個人的には犬だけでなく猫にもマイクロチップ挿入をもっと促進して欲しいです!


次回のパブコメの検討案(「動物取扱業の適正化」を除く)

●虐待の防止
・虐待の定義/明確化
・虐待の取り締まり方法について
・闘犬など伝統行事として社会的に認容されているものの扱いをどうするか?

●多頭飼育の適正化
・多頭飼育の適正化はどのように指導できるか?されるか?
・多頭飼育により生活環境が損なわれている場合、取り締まる手段の必要性は?

●自治体等の収容施設
・愛護センターなどにも収容動物の適切な飼育管理に基づいた収容施設の基準を設けるべきか?
・殺処分の方法についての検討
・犬猫の引き取りについての第35条の書き方の検討

●特定動物
・移送の歳の手続きについて
・危険犬種の区別が必要か?
・咬傷事故の抑制のため、飼い主等の周辺情報を公表してはどうか?

●実験動物の福祉
・実験動物施設の外部からのチェックがたやすくできるようにすべき
・届け出制にすべき

●産業動物の福祉
・家畜の福祉「五つの自由」の概念を広く知らしめるべき

●罰則の引き上げ
・罰則の強化が必要

●その他
(1)犬のマイクロチップの義務化
・マイクロチップの普及率を上げる取り組みが必要
・義務づけるためには狂犬病予防法における犬の登録との整合性が必要
・現時点ではマイクロチップの義務化によって国民にもたらされるメリットがすくない

(2)犬猫の不妊去勢手術の義務化
・犬猫に不妊去勢措置を実施することによって、適正飼養の推進や殺処分を減少させるために必要
・法による義務づけでなく、飼い主への普及啓発によって推進すべき

(3)飼い主のいないねこの繁殖制限
・飼い主のいないねこの問題解決には、地位住民や行政担当者による地道な努力が重要であり、一律の法律ではなく、条例や地方公共団体による指導法で地域の実情に合った対策を講ずべき。

(4)学校飼育動物及び公園飼育動物の適正飼養
・行政が実態把握できるようなシステムが必要
・公園飼育動物については、動物取扱業の展示に該当するとして、登録対象とすべき

(5)災害対応
災害時に行うべき動物愛護に関する措置については、各自治体の地方防災計画で明確化、地域の実情に合わせた位置づけで推進されるよう動愛法に規定すべき


■出会い待ちねこへのお問い合わせ、お待ちしてます!
●ご家族でお住まいの方(単身者はご遠慮ください)
●ペット可住宅にお住まいの方
●お留守時間が短い方
----------------------------------------------
■お渡しまでにかかる必要経費のご負担をお願いいたします。
■お見合い後お届けいたします。

satooya■chiikineko.org(■は@に変更してください)までメールにてお問い合せください。
※お問い合わせをいただいた方には色々ご質問させていただきますので予めご了承お願いいたします。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 猫ブログへ
2つのランキングに参加中!是非!一日一ポチを!

テーマ:動物愛護 - ジャンル:ペット

【2011/10/27 00:08】 | 動物愛護管理法 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑

パブコメのまとめ

なんでやねん!
って突っ込みたくなるほど夏日。
いや~今日は良く汗かきました。

明日は20度いかないほど寒い?とか。

寒暖の差は身体にキツイっす。


今日の小委員会は
(1)「動物取扱業の適正化について(案)」にかかるパブリックコメントの集計結果について
(2)これまでの主な意見(「動物取扱業の適正化」と除く)について
でした。

(2)の方は時間が足りなくなって最後までいきませんでしたが…

パブコメの集計結果は、近日中に環境省のサイトにもupされる予定だそうです。

意見件数は
FAX:8,162
メール:50,767
郵送:62,899

意見提出者数は
個人:122,138
団体:246

だったそうです。

すごい数です!
この数は以前の外来生物に関するパブコメほどではないが
かなり多いとのこと。
委員の太田さん(全国ペット協会副会長)が呆れてました==(うふっ。

詳細については、明日書きます~
すいません~
留守にすると家に帰ってからの仕事がオセオセになっちゃいまして。


瞳子ちゃん!
みんなに、今まで以上によい環境があげられる法律にしたいね!

41-20111017-0796.jpg

■出会い待ちねこへのお問い合わせ、お待ちしてます!
●ご家族でお住まいの方(単身者はご遠慮ください)
●ペット可住宅にお住まいの方
●お留守時間が短い方
----------------------------------------------
■お渡しまでにかかる必要経費のご負担をお願いいたします。
■お見合い後お届けいたします。

satooya■chiikineko.org(■は@に変更してください)までメールにてお問い合せください。
※お問い合わせをいただいた方には色々ご質問させていただきますので予めご了承お願いいたします。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 猫ブログへ
2つのランキングに参加中!是非!一日一ポチを!

テーマ:猫のいる生活 - ジャンル:ペット

【2011/10/26 00:59】 | 動物愛護管理法 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑

パブコメ受付開始してます!

O.Kさん、カンパありがとうございます!
応援、嬉しいです!
--------------------------------

こねたちは、大きなケージにお引っ越し。
感染予防のため、できるだけ行動範囲を狭くしたい。

だから申し訳ないが、ケージで生活。。。
色々動けるように、結束バンドでカゴなどを固定(笑

1-20110801-02068.jpg

トイレも遊び場~ですね(笑

2-20110801-02074.jpg

ハンモックは大人気です。

3-20110801-02093.jpg

さて、環境省のパブコメが開始されています!
動物取扱業の適正化について(案)に対する意見の募集(パブリックコメント)について(お知らせ)

今回は動物取扱業の適正化についてのパブコメですが
どうかみなさま、どんな形でも構わないので
意見を提出してください。

パブコメの書き方については
見本案のようなものを作りたいと思っています。
少しお待ちください。

前回の改正時、業者の圧倒的な数で負けてしまった
【こいぬ・こねこを親元から離す月齢】
は、今回の改正できちんと明文化して欲しいです。

前回のパブコメでは業者意見9600(いくつ)対愛護意見200(いくつ)
と、圧倒的な組織票に負けたそうです。

わたしの個人的な希望ですが
【幼いこいぬ・こねこを親元から離す月齢は、生後8週齢で1回目のワクチンの接種を済ませてからでなければいけない】
にして欲しいです。

一番大きな問題と感じているのは
幼体のパルボ感染症です。
ワクチン接種が行われるようになれば
感染率が下がり、それは飼い主のいないねこにも良い影響が出ます。

ペットショップで購入後、パルボで死んでしまった~
なんて哀しい事例もなくなるわけです。

今夜は時間がないので、ここまで~^


今日は、またまた議員会館に行ってきました。
先週の水曜日に
【環境部門会議 自然・生物多用性ワーキングチーム】宛に提出された
「犬・猫等の殺処分を禁止する議員連盟」の動愛法改正に向けた提言です。
過去4回の総会で出された意見がまとめられていて
これがすべて改正に反映されたら
どんなにいいかな~^と思います。

4-20110801-02133.jpg
5-20110801-02136.jpg

以下も提出された「動物の福祉を推進する議員連盟」案です
やはり同じようにつぼを押さえています。

6-20110801-02138.jpg
7-20110801-02139.jpg

こちらは「動物愛護管理法改正を検討する議員連盟」案です。

8-20110801-02142.jpg
9-20110801-02144.jpg

提出された案はどれも同じような温度差で
内容も方向性が同じです。

ではなぜこれが改正に反映されないか?

業として動物を扱っている団体の組織票が大きいからです。
なのでそれ以上の数で、改正を圧倒する必要があります!

ブログやツィッターをやられている方
何らかの発信方法で、パブコメへの参加を呼びかけてください!


■出会い待ちねこへのお問い合わせ、お待ちしてます!
●ご家族でお住まいの方(単身者はご遠慮ください)
●ペット可住宅にお住まいの方
●お留守時間が短い方
----------------------------------------------
■お渡しまでにかかる必要経費のご負担をお願いいたします。
■お見合い後お届けいたします。

satooya■chiikineko.org(■は@に変更してください)までメールにてお問い合せください。
※お問い合わせをいただいた方には色々ご質問させていただきますので予めご了承お願いいたします。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 猫ブログへ
2つのランキングに参加中!是非!一日一ポチを!

テーマ:動物愛護 - ジャンル:ペット

【2011/08/02 01:09】 | 動物愛護管理法 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

「犬・猫等の殺処分を禁止する議員連盟」総会

K.Mさん、S.Rさん
カンパありがとうございます!(感涙
--------------------------------

今日で4回目の衆議院第一議員会館
やっと地下鉄迷わずいけるようになった頃終了~(笑

と思ったら、もう1回来週集まりがあるらしい。

水曜日にこれまでの会議で出た内容をまとめて
動愛法の改正点希望点を
生方議員が委員会に提出してくださるそうな。

で、来週の月曜日はそのことの顛末を報告いただけるとのこと。

本日は「THEペット法塾」の
代表 植田勝博弁護士、事務局長 細川敦史弁護士が出席
動愛法改正についての提言をお話しくださいました。

内容的には
1.どうぶつの命を守る法律であること

2.改正点のポイントは
・ペット業者・繁殖業者を中心とする動物取扱業
・都道府県を中心とする行政
・一般の飼い主
+
・緊急災害時の動物保護規定

3.改正が必要な具体的項目
・幼齢犬猫販売の制限
・動愛法以外の違反があった場合も動取業の取り消し対象とする
・行政によるいぬねこの引き取り義務撤廃
→前にも書きましたが、「行政が引き取らなければならない」
ではなく
「やむを得ない場合に限り引き取ることができる」に変更
・動物行政施設における遺失物法の遵守
などなど~

どれも激しく同意!するものばかりでした。

質疑応答の後、生方議員から

1.取扱業規制強化
2.行政の対応を法律で明確化
3.飼い主責任の付与
4.実験動物(家畜?)に関しても動愛法で触れる必要がある
5.緊急災害時のペットの処置

の中に過去の総会で話し合われた内容を盛り込んで
具体的な動愛法改正点として委員会に提出

となりました。

可能であれば動愛法の改正に盛り込んでいただきたい点として
わたしも発言させていただきました。

・動愛法の理念の所に「いのちある」という言葉があるが
そこに「感情を持った/喜びや悲しみや痛みを感じる心を持った」
を付け加えて欲しい

・行政の責任の明確化の中には、司法の対応も明文化して規定して欲しい
(現在のところ動愛法で警察は動きませんから~

・幼齢の犬猫はワクチンを接種してからでないと親元から離してはいけない

の3点をお願いしました。

いや~
云いたいことは書ききれないくらいあります。
実際現場で日常的に体験して
その渦中で活動しているわけですから

どんなに立派な法律ができたとしても
それが守られなければ何の意味もありません。

間もなく環境省のパブコメが開始かな?と思います。
スケジュールがわかりましたらお知らせします。
どうか、どんな些細なことでも構いません。
みなさまの声で、現実性のある動物のいのちを守る法律にしていきましょう!


最初ほとんど症状が出ていなかった白黒君…
とうとう。

左目の上が禿げてます(とほほ。

1-20110725-7046.jpg

2-20110725-7049.jpg

こちらの麦わらちゃんも、最初無症状だったけど
遅ればせながら~って感じて

左目の下をやられました。

目のまわりは薬が使えないので、困るぅ~(涙

3-20110725-7010.jpg

■出会い待ちねこへのお問い合わせ、お待ちしてます!
●ご家族でお住まいの方(単身者はご遠慮ください)
●ペット可住宅にお住まいの方
●お留守時間が短い方
----------------------------------------------
■お渡しまでにかかる必要経費のご負担をお願いいたします。
■お見合い後お届けいたします。

satooya■chiikineko.org(■は@に変更してください)までメールにてお問い合せください。
※お問い合わせをいただいた方には色々ご質問させていただきますので予めご了承お願いいたします。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 猫ブログへ
2つのランキングに参加中!是非!一日一ポチを!

テーマ:動物愛護 - ジャンル:ペット

【2011/07/26 03:01】 | 動物愛護管理法 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

動愛法の改正に向けて

T.Sさん、カンパありがとうございます!
出会い待ちねこはあと6頭!ねこの神さま、よろしく~~
--------------------------------


今夕、衆議院第一議員会館で行われた
『犬・猫等の殺処分を禁止する議員連盟』総会に出席してきました。

今日の総会は、民主党の生方議員が事務局長で
民主党に提出するための
平成24年度の動物愛護管理制度の見直しについての意見を
広く求めるという主旨で開催されました。

環境省動物愛護管理室の西山室長も出席され
現在までの管理法制度の見直しのための
おおまかな議論が紹介され
今後、具体的に内容を詰めてまとめたものが
民主党に提出され、もしかしたら意見が反映されるかも~
という、感じ。。。

愛護に関心がある、
または愛護のボラをやっている人たちの意見は
基本的にはほとんど同じでまとめる必要もないくらいだけど
実際は、ペット産業は2兆円を超える商業で
業界が成り立たつためには譲れない高い壁がある

何もかも否定していては始まらないから
双方が少しでも歩み寄って
本来この法律はどうぶつの権利のためのものであるという観点から
動物を保護できる法律にして欲しいけれど

なかなか机上の論理で空回り。

でも5年に一度のことだから。
どうか皆さん、意見をください。
どうすれば本当に殺処分を減らせるのか。
不幸な動物が減るのか。
そのために必要な法律は?
司法は?

10月からはパブコメが始まる予定です。
面倒くさそうだけど
声を上げるチャンスは今!

この会議、5/27日にもう一度開催されます。
興味のある方、参加は自由です。
事前申し込みは必要と思いますので
民主党の生方議員までメールしてみてください。


こねこね、撮影してると
最近はずいぶんリラックスしてる森ちゃん

111-20110601-1551.jpg

そうね。
森ちゃんは好奇心の固まりだもんね(笑

112-20110601-1567.jpg

■出会い待ちねこへのお問い合わせ、お待ちしてます!
●ご家族でお住まいの方(単身者はご遠慮ください)
●ペット可住宅にお住まいの方
●お留守時間が短い方
----------------------------------------------
■お渡しまでにかかる必要経費のご負担をお願いいたします。
■お見合い後お届けいたします。

satooya■chiikineko.org(■は@に変更してください)までメールにてお問い合せください。
※お問い合わせをいただいた方には色々ご質問させていただきますので予めご了承お願いいたします。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 猫ブログへ
2つのランキングに参加中!是非!一日一ポチを!

テーマ:動物愛護 - ジャンル:ペット

【2011/06/14 00:33】 | 動物愛護管理法 | トラックバック(0) | コメント(5) | page top↑
前ページ | ホーム |